スポンサーリンク


2015年10月27日

ずうずうしい話3-509 父親と子供としてのまともなコミュニケーションなんて皆無に等しかったのに

(-д-)本当にあったずうずうしい話 第3話
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1439562009/


509 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/10/26(月)14:58:33 ID:CUj
家庭ほったらかしのオッサンほど「定年後は家族と蜜月!」ってはっちゃけるよな
しかも「息子と酒を飲む」とか「老後は田舎暮らし」とか「娘が孫を見せに来る」とか
ぜーんぶどっかで見たようなテンプレばっか希望しやがる

うちの親父もまっったく子供に興味ない人だった
光熱費と食費計7万は入れてたが残りの金は全部自分の遊興費
子供の小遣いはもちろん夏休み中にかかる金、修学旅行の積み立て、衣料費、部活にかかる金、
ぜーんぶ「無駄金」と言い一銭も出さず
上記はすべて母親の金でまかなった
たまに口を開けば説教か下ネタかダジャレのみ
父親と子供としてのまともなコミュニケーションなんて皆無に等しかったのに
なぜ定年後いきなり仲むつまじくなれると思ってるのか理解に苦しむ

続きを読む
posted by 管理人 at 00:32 | Comment(3) | ずうずうしい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

ずうずうしい話3-506 親父「定年後は息子と釣りに行き、サシで酒を酌み交わすのが夢だった」

(-д-)本当にあったずうずうしい話 第3話
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1439562009/


506 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/10/24(土)19:07:05 ID:Y1V
俺と妹ともに30代。
親父が早期退職し、暇になったせいかやたら連絡してくる。
親父「定年後は息子と釣りに行き、サシで酒を酌み交わすのが夢だった」
「娘の花嫁姿を見るのは日本の父親の夢。バージンロードを歩かせてくれ。孫の顔が見たい」
知らんがな。

続きを読む
posted by 管理人 at 23:56 | Comment(4) | ずうずうしい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

ずうずうしい話3-450 利益が増えて社長がAを持ち上げだしてから会社が変わっていった

(-д-)本当にあったずうずうしい話 第3話
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1439562009/


450 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/09/09(水)23:01:31 ID:VB7
流れ豚切りしてごめんなさい。
もうすぐ解決することなので記念に書かせて頂きます。

元職場の40代未婚おばさんがずうずうしかった。
当時私は入社して半年くらいのぺーぺー。
やっと仕事もおぼう

452 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/09/09(水)23:38:42 ID:VB7
ごめんなさい、途中送信しました。

やっと仕事も覚えてきて、さぁこれからだって時に新しく入ってきた新人A。
社長がうちの会社の業界では有名なAだってことで引き抜いてきたらしく、なんやかんや期待されていた。
Aがやる仕事は基本的に営業。
元々A自体に顧客がたくさんいて、社長はその顧客を取り入れるのと、Aの経理能力を期待していたみたい。
確かに仕事は増えたし、Aのおかげで利益も増えた。
けど実際その利益は社長とAだけが得するように出来ていて、私みたいな下っ端はもちろん、長年社長の人柄を信頼して一生懸命働いてきた上司たちは残業と休日出勤ばかりで負担が増えただけだった。
そこまではまぁいい、実際みんな社長の人柄が好きだったし、忙しい以外は文句がなかったから。
けど利益が増えて社長がAを持ち上げだしてから会社が変わっていったら。

続きを読む
posted by 管理人 at 00:47 | Comment(2) | ずうずうしい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

ずうずうしい話3-447 今の仕事を辞めて独身時代していたイラストの仕事をまた始めろと言ってきた

(-д-)本当にあったずうずうしい話 第3話
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1439562009/


447 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/09/09(水)20:46:10 ID:89C
流れ豚ぎり失礼します。
先日、元パート仲間に説教された。

話題は結婚前、イラスト関連の仕事を個人でしていた。
会社に所属してたわけじゃないから、かなり生活苦で
体調が悪くても病院に行けない生活だった。
3年位そんな生活をして、最後の1年位は大分生活も安定してきたけど、
納期に追われる日々に疲れてきてたタイミングで
旦那からプロポーズされ受けた。
結婚と同時に旦那の転勤でイラストの仕事は
信頼してる友人や後輩に引き継いで一旦止めた。
そして子供が生まれ、幼稚園入園と同時にスーパーの事務のパート開始。
その元パート仲間は経理の人。
(今はそのスーパーの事務を辞めて正社員してます。)
年齢が近いから仲良くしてたけど、結構自分の意見を押し付けてくるタイプでした。

続きを読む
posted by 管理人 at 22:31 | Comment(2) | ずうずうしい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

ずうずうしい話3-437 アジフライをお願いしたのよ?これは生でしょ?揚げてくださらない?

(-д-)本当にあったずうずうしい話 第3話
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1439562009/


437 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/09/08(火)20:45:55 ID:OoL
兄が結婚したお嫁さんのお母さんがすごい人だった。
両実家の距離が元々近くて、兄夫婦もその中間くらいのところに新居を借りて住んでる。
こないだの夏休みにあちらの実家から、一度こちらにも兄実家の皆さんで遊びに来てーと言われて行ったんだけど、買い物の仕方がすごかった。

夕方お暇する前に、夕飯を食べていってね、と言ってくれたので、
自分含む女性陣(私と母と、お嫁さんとお姑さん)で新しくできたという大型スーパーに買い物に行った。

お姑さん得意のアジのフライを作るということで鮮魚コーナーに寄ったんだけど、
アジがいっぱい入ったパックを吟味したお姑さんが店員さんに調理をお願いした。
無料で腸抜きとか三枚とかにしてくれるあのサービスね。

少しして店員さんがフライ用に頭を落としてスライスしてくれたのを持ってきてくれたんだけど、
それを見たお姑さんが一言
「フライでお願いしたんだけれど?」と言い出した。

続きを読む
posted by 管理人 at 22:15 | Comment(5) | ずうずうしい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク