Loading...



スポンサーリンク


2019年05月06日

笑える4-96 でもね、黒幕がいたのよ

笑える修羅場、衝撃体験【お茶請けに】4
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1527061949/


96 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:令和元年 05/04(土) 04:50:04 ID:QrK
10年くらい前の、連休の時の話。
とある田舎へ一人旅した。
ホテルのあるようなところではないので、旧街道沿いの「商人宿」ふうの旅館に泊まった。
部屋に入って一休みしていると、女将さんが宿帳を持ってきた。
女将さん「ご旅行?」
私「ええそうです。××(マニアな史跡)を見に」
続きを読む
posted by 管理人 at 02:02 | Comment(3) | 笑える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

笑える4-92 「あの……っ、気持ち悪いんですけど!!!」

笑える修羅場、衝撃体験【お茶請けに】4
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1527061949/


92 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:平成31年 04/27(土) 17:34:21 ID:BiF
私はオバチャン会社員。毎朝満員電車に揺られて通勤している。
満員電車の乗客は、体は隙間なくみっちり詰め合っているものの、
顔だけは面と向かい合わないよう、それぞれに顔や体の角度を微妙に変えている。
が、昨日の朝、私の前に立っていた、大学生風の可愛い女の子が、
私に左肩を向ける形で立っていたのだけど、
不意に私に顔をグリンッと向けて、私の顔を正面から見つめ、
「あの……っ、気持ち悪いんですけど!!!」(←“けど”に力が入っている)
私「はいっ!?」
私はブサイクだ。自覚は十分にある。
しかしそれがいじめのネタになる小中学生の頃ならともかく、
大人になってからは、面と向かって「気持ち悪い」と言われたことはない。
続きを読む
タグ:笑える 乗物
posted by 管理人 at 00:13 | Comment(4) | 笑える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

笑える4-91 驚いてドアを開けたら、廊下には誰もいない

笑える修羅場、衝撃体験【お茶請けに】4
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1527061949/


91 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:平成31年 04/09(火) 01:25:57 ID:QgV
身内に不幸があって、久々に実家(飛行機の距離)に泊まった時の事。

実家は二階建ての一軒家。母がひとりで住んでいる。(父は他界)
実家には私のほか、叔父(母の弟)も泊めてもらった。
母は一階の和室を寝室にしており、私と叔父は、2階の部屋を一部屋ずつ借りた。
葬式、通夜、納骨と続いて出席したため疲れていた私は、その日は早々に寝た。
多分その時、9時くらいだったと思う。
気持ちよく眠っていたら、ドアをどんどんと激しく叩かれて飛び起きた。
続きを読む
タグ:笑える 親戚
posted by 管理人 at 00:33 | Comment(2) | 笑える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月31日

笑える4-82 「わあ、この4人で何をどうしろというんだ」と内心で青くなった

笑える修羅場、衝撃体験【お茶請けに】4
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1527061949/


82 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:平成31年 03/29(金) 17:58:17 ID:o2j
昭和の終わりごろの話。
中学2年の時の春の遠足が、「野外調理実習」だった。
男女2人ずつの4人1グループで、河原で石を積んでかまどを作り、火を起こして、
食材と食器(紙皿や紙コップとか)を持って行って料理を作る、というもの。

グループ分けは「組みたい人同士」だったので、自動的にというか自然にというか、
私のグループの4人は、
いじめられている、ハブられている、皆に加わろうとしない、なんだか暗い、
という要素を抱えた「底辺」が集まった、というか集まらざるを得なかった。
私は自分を含めて「わあ、この4人で何をどうしろというんだ」と内心で青くなった。

続きを読む
posted by 管理人 at 18:37 | Comment(5) | 笑える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

何を書いても72-247 一生涯子供の前では「親」という役割だけを演じていろと思っていた

何を書いても構いませんので@生活板72
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1549598990/


247 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2019/02/13(水)20:28:09 ID:2mr
幼稚園児の頃、親が疲れたと発言することが心底許せなかった
疲れた素振りを見せるだけでも、親のクセに怠けてんじゃねーぞふざけんなよと思っていた
小学生の頃は、親が自分の個性や性格を出すことが死ぬほど許せなかった
一秒たりとも子供の前で一個人たろうとするな、子供を産んだなら一生涯子供の前では「親」という役割だけを演じていろと思っていた
根底には親に叱られることへの猛烈な反発心があった
続きを読む
posted by 管理人 at 01:37 | Comment(3) | 笑える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク