スポンサーリンク


2021年03月02日

神経63-942 そしてお店の駐車場の優先スペースへ

その神経がわからん!その63
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1609878086/


942 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:21/03/01(月)16:59:15 ID:jF.cj.L1
今日、スーパーの駐車場で嫌なことがあった。
車には運転主(股関節二箇所とも人工関節の手帳持ち)と、助手席に私、後部座席に息子と祖母(ペースメーカー入れてる手帳持ちで、祖母のペースメーカーを様子を見る病院の帰り)て、もちろん車には車椅子マークと障害者駐車証がフロントガラスから見える位置にあった。
そしてお店の駐車場の優先スペースへ。
続きを読む
タグ:神経 お店
posted by 管理人 at 00:24 | Comment(0) | 神経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神経63-940 ジェネリックがあるけどどうしますか?

その神経がわからん!その63
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1609878086/


940 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:21/03/01(月)15:37:00 ID:Uu.6q.L1
持病があって、月に一度通院して薬を貰いに行っている。
その処方箋薬局でのこと。
いつものように処方箋を提出して待ってたら、初めて見る顔の薬剤師さんが来て
「3種類ほどある飲み薬のうちのひとつがジェネリックがあるけどどうしますか?」と聞かれた。
「医者から指示されてる薬にしてください」と答えたら
ヤ「処方箋にはAと書かれてるんですが、この薬はジェネリックがあるんですよ」
続きを読む
タグ:神経 お店
posted by 管理人 at 00:19 | Comment(0) | 神経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月27日

神経63-899 それにはとんと気付かず帰っていく可愛子ちゃん

その神経がわからん!その63
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1609878086/


899 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:21/02/27(土)04:55:58 ID:Gq.a9.L1
うちの近所でそれは可愛いいお嬢さんがいた。
目はクリっと鈴のよう。肌は白くて丸顔の頬はピンク。
引くて数多のモテモテちゃんと思いきや、色恋沙汰に全く興味のないお嬢さんだった。
たまたまうちの義母がお茶の先生をやっていて、そこの通って来てたので顔見知り。
その可愛さから毎回お稽古終わりには義母宅玄関脇にチラホラ男子が待ち伏せ。
でもそれにはとんと気付かず帰っていく可愛子ちゃん。
続きを読む
タグ:神経 近所
posted by 管理人 at 22:13 | Comment(3) | 神経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神経63-893 実はここ、つい最近話題になったところでございます

その神経がわからん!その63
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1609878086/


893 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:21/02/26(金)16:42:58 ID:P1.3z.L1
高校の頃親と参加した日帰りバス旅行での出来事。
毎年参加していて、その時は温泉で一泊するプラン。

バスガイドが「ここではかつて、合戦が行われ〜」とか「今から向かいます○○市場の、私独断!おすすめランキングでございまーす!」などと湧かせてくれた。

しかし道中何もない広い原っぱ?売りに出してる土地?の側で大渋滞が発生。

バスガイド「皆様右手をご覧くださいませ!実はここ、つい最近話題になったところでございます。わかる方いらっしゃいますかー?」

続きを読む
posted by 管理人 at 02:21 | Comment(0) | 神経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神経63-882 人生とは自分自身の選択の積み重ねだ、というのが信条の親戚

その神経がわからん!その63
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1609878086/


882 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:21/02/26(金)09:41:27 ID:ij.ck.L1
人生とは自分自身の選択の積み重ねだ、というのが信条の親戚。
別の親戚が貰い事故で重篤な後遺症を負った時も、安全性の低い車でそんな場所を走っていたから悪いと、親戚一同での援助をただ一人しなかった。
いとこがパワハラで心を病んで退職した時も、自分で選んだ職に対しての覚悟が足りないと言って自死未遂まで追い詰めた。
私が自分に全く非のない犯罪に巻き込まれかけた時も、どこからその話を聞きつけたのか、防犯意識が低いからと偉そうに説教しまくってくれた。
他の家族や親戚にも、その人のせいじゃない不幸すら、自分自身の意識が低いからそんな不幸を呼び込んだのだという態度を全く崩さなかった。続きを読む
posted by 管理人 at 02:19 | Comment(0) | 神経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク