スポンサーリンク


2022年01月18日

何を書いても117-447 大人になってからの支援額に差をつけるのは

何を書いても構いませんので@生活板117
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1641468980/


447 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:22/01/17(月)07:13:02 ID:Ot.rq.L1
片方が大学まで国公立、片方が高校大学と私立+遠方で仕送りという姉妹がいて、
大人になってから親が国公立だった子だけに「お前は子供の頃お金が掛からなかったから」と資金援助してる話を見かけた
教育もお金のかけ方もその家庭の方針だから「よそはよそ、うちはうち」でいいと思うけど
私はその方針になんとなく違和感を感じて、私だったらそうはしないと思ってしまった
旦那にも上の話をしたところ「大人になってからの支援額に差をつけるのはなんか違う気がするな
私立の子のせいで片方が国公立で我慢してと制限されたならまだしも、私立も国公立も両方の道を親は用意してくれてて
国公立を選んだのはその子個人の選択。学費とそれに伴う生活費を出すのは親として当たり前で
それと大人になってからの支援は全く意味合いが違う。支援は支援でどちらの子にも平等に出したい」と言っていた

旦那と価値観が一緒でホッとしたけど、これ、子供側はどう思うかわからないって話だなとすこし不安になった
どこを選んでも学費と生活費は出す、その後の支援も同額とした時に
「あいつは俺より金がかかってるのにずるい!」みたいな考え方を子供がするかもしれない
そこはもうちゃんと「うちの方針」をしっかり説明するしかないんだろうな

ちなみに三兄弟で育った私は地元国立に行き、まさに1番お金が掛からなかった身
だからといって他の兄弟より多く支援なんかもらいたくないし、院に進んだ兄弟も遠方私立に進んだ兄弟も、その後親が平等に扱ってくれてよかったと思う
子供みんな、親からもらったお金は将来親の介護が必要になった時の資金として運用してて手をつけていないけどね






スポンサーリンク


posted by 管理人 at 00:35 | Comment(2) | 何を書いても | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
親としてはそうだろうけど子供としてはわだかまり残るんだよなあ
受験前からそう説明してたならまだわかるかもだけど
遺産で揉めるスタンダードなタイプ
Posted by at 2022年01月18日 12:37
自分が私立でもらえない方の子供でも、国公立との差がこれだけあるからこの分はあっちに援助する、なら納得いく理由に感じる。
Posted by at 2022年01月18日 14:42

スポンサーリンク


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: (※URLは記入できません)