スポンサーリンク


2021年03月04日

神経64-5 犬は私たちのボールに興味津々で

その神経がわからん!その64
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1614744713/


5 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:21/03/03(水)15:23:11 ID:mr.it.L1

私がまだ9歳くらいだった頃の話だけど未だに納得できない話がある。

うちの近くに唯一ボール遊びが許可されてる公園があった。
とは言ってもすごく大きいわけでもないし、公園を出たらすぐに道路なのでせいぜいキャッチボールとかサッカーボールを転がす程度で野球とかは危なくてできない。
私と友人はボール遊びが好きだったからいつもそこで遊んでたんだけど、ある日大型犬2匹を連れた大学生くらいの男女が散歩をしに入ってきた。
2人は公園に着くなり犬のリードを外して走り回らせる。
犬は私たちのボールに興味津々で転がったボールを掻っ攫ってガシガシ噛んで空気抜けたボールをぶんぶん振り回してた。
男女はすぐに飛んできて「ごめんね〜」と謝って、それだけ。




スポンサーリンク



次の日、今まで一度も来てなかったからさすがに今日はいないよね…とキャッチボールしにいくとやはり来ていなかったので遊んでいたら遅れて登場。
私たちのテニスボールを掻っ攫ってヨダレまみれにする大型犬2匹。
男女はまたこっちに来ると
「あのさ、たしかに犬がボールダメにしちゃったのは申し訳ないけど、犬がボールに興味持っちゃうのは仕方ないんだから犬が来たらボール遊びやめるとかしてくれない?」
と言われ、私たちはなにも言えず帰った。

今考えれば簡単に道路に出られる場所で犬のリード外すのも神経分からないし、先に遊んでた私たちがなんで気を使ってボール遊びをやめなきゃいけないんだと思う。
当時は幼くて言えなかったのが悔しい。

テニスボールも返してくれなかった。


タグ:神経 動物 胸糞
posted by 管理人 at 02:51 | Comment(0) | 神経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

スポンサーリンク


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: (※URLは記入できません)