スポンサーリンク


2021年01月17日

百年の恋10-701 はじめて彼の一人暮らしの家に行ったんだけどなんかもう引くしかなかった

百年の恋も冷めた瞬間 Open 10年目
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1594041424/


701 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:21/01/17(日)16:28:50 ID:TK.7c.L1
彼の家に行って引いた話
はじめて彼の一人暮らしの家に行ったんだけどなんかもう引くしかなかった
ジブンで呼んだくせに汚いは想像以上で気絶しそう
でも、それ以上に会社なの?っていうサイズの業務用輪ゴムの箱とか(工場自営だったから会社の備品だったのかも)、
料理やさん?っていうサイズの醤油とかサラダ油(いつ開いたのか分からないギトギト感)、
開けたのに何らかの理由で食べなかったサトウのごはんをラップでくるんで常温放置
なにから突っ込めばいいのかもう分からないくらいだらしないというか衛生の感覚がバグってた




スポンサーリンク


こんなゴミ部屋を作り出すゴミを家にあげてたと思うと気絶しそう
輪ゴムは100均、調味料はスーパーとかで必要量だけ買えばいいのに
お得という理由で業務スーパーを愛用してるらしいが、付き合いだしてからうちにいるから自炊してない
ギトギトというかキャップも固着寸前だし使いきれないとか古くなるという概念がないんだろうな
その最たるが開封済みサトウのごはんを保存するという発想なんだろう
カレーを作るのに馬鹿みたいに大きい業務用ルウを2種類買ってきたり(自称自分が発見した神ブレンド)、
うちで丼ものを食べるのに丼がないから買いたいとか(カフェにあるようなボウルを使ってた)人の家なのに物を増やそうとする神経とか、
ごはんを作るだけ作ってキッチンぐちゃぐちゃのまま放置するとか、こいつとは親の教育が違うんだ
言ったら直るとかそういう次元ではないわと悟った
鼻炎を理由に自宅に戻ったら安心したのか熱が出たので一刻も速く別れないとと思って別れた


posted by 管理人 at 23:48 | Comment(0) | 百年の恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

スポンサーリンク


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: (※URLは記入できません)