スポンサーリンク


2020年10月23日

衝撃的27-665 猫好きの友人の、猫センサーにビックリした

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その27
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1592390561/


665 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:20/10/22(木)22:14:28 ID:1s.o9.L6
猫好きの友人の、猫センサーにビックリした話。
1年前に友人と二人で車で旅行に行った帰り、夜に近所のコンビニに立ち寄った。
田舎あるあるだけどコンビニの駐車場はやたら広くて、周りは他の店も無くて真っ暗だった。
車から降りてガリガリ君を食べていたら、友人が暗闇を指差して「猫がいてる!」と言った。
指された方を見ても何もいないし、ものが動く気配も無かった。




スポンサーリンク


私が『何もおらんやん』って言っても、「おるって!」と暗闇に向かって駆け出した。
後について20メートル程歩くと、友人が「ほら!」と地面を指差した。
確かに猫が丸まっていた。真っ黒な子猫で、その場でしゃがみこまないと見えない位、夜と同化していた。
何であんなに離れた所から見えるねん。視力1.5の私は全然気が付かなかった。
友人がそっと抱き上げるとニャーって鳴いた。
ケガは無さそうで、首輪も無く近くに親猫も居なかったのでそのまま友人が連れ帰った。
次の日に動物病院に連れていって諸々の検査をして貰ったそうだ。
友人家には既に猫が5匹いた。みんな保護猫らしい。
今時のら猫なんかそないおらんやろって思っていたけど、実際に居て見える人には見えるんだと衝撃だった。
黒猫は私の実家が譲り受けることになった。
今は父に溺愛されているよ。


空前絶後の保護猫ライフ! 池崎の家編 (日本語) 単行本 – 2019/8/9

タグ:衝撃的 動物
posted by 管理人 at 00:26 | Comment(0) | 衝撃的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

スポンサーリンク


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: (※URLは記入できません)