スポンサーリンク


2020年10月10日

何を書いても95-959 すごい身体能力のママさんにちょくちょく遭遇するようになった

何を書いても構いませんので@生活板95
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1600349589/


959 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:20/10/09(金)22:06:48 ID:KO.bk.L1
我が子が二足歩行出来るようになってきたので、公園遊びデビューをした。
そしたら、すごい身体能力のママさんにちょくちょく遭遇するようになった。
お子さんは4・5歳くらいで、土日にしか現れないんだけど、とにかくアクティブ。
初めて会ったとき、鉄棒で小柄な女性がぐるんぐるん大回転してて我が目を疑った。
服装もいわゆる「お洒落ママ」と違い動きやすさ重視で、一見大学生くらいの容姿。
その後も、逆上がり、懸垂逆上がり、コウモリ、足掛け後ろ回り、とバラエティー豊かに回る回る。
お子さんはキャッキャ喜んでるし、通りすがりの他のママさん達も呆然と見とれるしかない。




スポンサーリンク



別の日は、お子さんと縄跳びしてたんだけど、こう、ママさんだけ縄の音が違う。
ひゅん、ひゅん、じゃなくて。シビビッ!シビビッ!みたいな凄い音。
早すぎてよく見えないんだけど、二重飛びを、手を前にしてやったり、後ろにしてやったり、
交差させてやったり、体の横から回してやったり(技の名前分からん…)。
また違う日は、新聞紙で尻尾つけて、お子さんと尻尾取りゲーム。
からの、新聞紙で作った棒でチャンバラ、胸に新聞紙当てて落とさないで走る。
草むらで前回りしたり倒立したり、砂まみれになってお子さんと砂場遊びしたり、
とにかく笑顔で全力で遊んでて、お子さんも楽しそうだし、
体力あるなぁ素敵だなぁと同じママとして密かに尊敬してた。
そのうち、だんだんお子さんと同じくらいの年の子達が、そのママさんと
一緒に遊ぶようになっていって、プチ体育教室みたいな光景が見られるようになった。
私もその流れで(まぁうちの子はまだ一緒には遊べないけど何となく)複数のママたちに混じり、
そのアクティブママさんと会話して仲良くなっていった。
てっきり元体操の選手か何かかと思ってたんだけど、そのママさん、小学校の先生だった。
「子ども見ると一緒に遊びたくなっちゃうんですよねー、職業病かな」なんてケラケラ笑ってたけど、
仕事が休みの日にまでプライベートで遊ぶなんて、先生の中でもなかなかいないと思う。
でも、先生なら鉄棒や縄跳び出来るのも納得する。
一番驚いたのは、せいぜいアラサーと思ってたママさんが、実はアラフォーだったこと。
小学校の先生って、子ども相手だからか知らんけど、若々しい雰囲気の人多いよね。
しかしあのアクティブっぷりには本当に脱帽だわ…私も体力つけないとなぁ…。


Whatsko 大車輪てつぼうくん 体操マシン玩具 親子ゲーム 知的開発玩具 水平バーの王子 ジャイアントスイング

posted by 管理人 at 01:37 | Comment(0) | 何を書いても | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

スポンサーリンク


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: (※URLは記入できません)