スポンサーリンク


2020年01月24日

衝撃的26-352 私は待ち合わせ相手に遅刻されることが多い

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その26
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1574669829/


352 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:20/01/23(木)18:52:04 ID:LP.yb.L2
私は待ち合わせ相手に遅刻されることが多い。
十分二十分なんてザラで、待ち合わせ時間に現れないから電話したら今起きた!なんてこともままある。
私は元々は「人間なんだから遅刻することがあっても仕方ない。報連相をキチンとするとか、開き直らずにちゃんと謝罪するとか誠実な対応をしてくれたら全然怒らないよ」ってスタンスだったんだけど
遅刻なんて滅多にしない友人知人の方が多いものの、複数の人間が私との待ち合わせにしょっちゅう遅刻するもので、普通何度も遅刻するなら自分に遅刻癖があるって自覚して改善するだろうに
それをしないってことはきっと私との約束はどうでもいいんだろうな。こいつなら遅刻してもいいやってナメられてるんだろうな。私はそうやってないがしろにされてしまうような人間なのか……と落ち込んだりもした。





スポンサーリンク


遅刻が多い友人の中に、以前酷暑と言われた夏の屋外での待ち合わせに時間になっても現れないどころか連絡もつかず、熱中症も恐いので近くのファーストフードに入店し何度か電話をかけるとやっと出て「今起きた!」と言い放った子がいた。
その日はプロが本人の顔や肌色にあったコスメやメイクを教えてくれる体験講座に友人と私の二人分を私が予約していたのですぐに店舗に電話をかけ
友人が遅刻して予約時間に間に合わなさそうなので予約時間を遅らせては貰えないだろうか、もし無理なら大変申し訳ないがキャンセルさせてほしいという旨を伝えた。
対応してくれたスタッフさんは何時頃のお着きですか?と聞いてきたけど、ついさっき起きて今から準備して向かう!という状態だったので
●時頃になるとは思うけどまだわからない、正確な時間がわかり次第またご連絡差し上げますので……と伝えるとなんとか予約時間を遅らせてもらえたものの
「他のお客様にもご迷惑になりますので、今後こういったことはお控え下さい。」と言われてしまい、返す言葉もなくひたすら平謝りしたので、それ以来SNS等での繋がりのみで疎遠にしていた。

そんな彼女は最近好きな男性に告白したらしいんだけど、その男性は彼氏がいる女性を好きになってしまい、略奪する気はないので諦めようとしている、でもまだその女性に気持ちがあるから君とは付き合えないと断られたらしい。
でも友人はそれでもいい!これからその人のこと忘れて私のこと好きになってもらえるように努力する!だからお試しでいいから付き合って!って猛アタックして、本当に好きになれるかはわからないけど……という前提で交際をスタートさせていた。

その彼氏との初デートを何日も前から楽しみにしていた友人はSNSに「新しい服買っちゃった!」「いよいよ明日だから今日は高いシートマスクする!」と大はりきりの投稿をしていたんだけど
当日になったら「やばい遅れる!」「15分遅れそうって言ったら本読んでるからいいだって、優しい(泣き顔の絵文字)」「やばい20分以上遅れそう……」と連投していたので私は呆然としてしまった。
約束がどうでもいいとか、相手のことナメてるから遅刻するんじゃないんだ!?自分への好感度を上げたい好きな人との約束でも遅刻するんだ!?なんで!?とめちゃくちゃ衝撃だった。

その後SNSで、とある遅刻癖のある人物の遅刻を悪びれないどころか遅刻されてる人はこういう対処して!って時間を守る側に行動の改善を求める投稿を見たりしたのもあって
なんかもう自分がないがしろにされてるなんて悩むのが馬鹿馬鹿しくなって、遅刻癖がある人ってそういう病気なんだろうなって適当に考えるようになった。
まぁ中には本当に私のことナメてたりどうでもよくて時間を守らない人もいるんだろうけどね。



タグ:衝撃的 友達
posted by 管理人 at 00:22 | Comment(2) | 衝撃的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
友人を待たず、自分だけでも先にいけばいいのに。
友人が場所を知らなくても、今はスマホで住所入れれば地図で確認もできるんだし。
Posted by at 2020年01月24日 10:00
同じこと思った。友人だけキャンセルすればいいのに。
Posted by at 2020年01月25日 01:53

スポンサーリンク


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: (※URLは記入できません)