スポンサーリンク


2020年01月21日

何を書いても83-933 本当によく似ていてこれ以上の人はいないと確信していた

何を書いても構いませんので@生活板83
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1577373250/


933 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/01/20(月)04:53:02 ID:XA.xo.L1
出会った頃は生い立ちも考え方も本当によく似ていてこれ以上の人はいないと確信していた。
だけど共に過ごす時間が増えるにつれて確かに似ているところは沢山あるけれど根本的に価値観が違うことに気づいた。
お互いに毒親だが私はそれでも家族が大切。彼は死んで欲しいくらい憎いと。
お互いに友達が少ないが私は友達を対等に思うし、パートナーばかりではなく友達との時間も大切に思う。
彼は自分より下の存在でないと友達とは言えない、それに勝手に俺を友達だと思っている奴らは沢山いる。俺は友達なんて必要ないと言う。
性に対する価値観も、私は幼少期の経験からか性に興味がなくそれが良好な関係を保つのに必要なら応じるという考え。
彼は性的に自分を求めてくれる時が1番愛を感じると。愛=性と言う。
毎日が酷く息苦しくて、でも俺はいつだって一人ぼっちだと言う彼を可哀想に思いなかなか離れることが出来ない。
好きな気持ちはあるけれど、母に「自分のことは可哀想だと思わないの?」と聞かれて目が覚めた。
彼も可哀想だけど自己愛抱えた彼を慰め続けて体ボロボロな私も可哀想。
なるべく円満に離れることが出来ますように。






スポンサーリンク


posted by 管理人 at 00:14 | Comment(2) | 何を書いても | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その彼はただのモラハラ男。
Posted by at 2020年01月21日 08:41
あのさ、そんなの相手に円満なんて無理。
傷が増える覚悟で戦う!くらいしないとズルズル引きずられて終わりだと思うよ。
Posted by at 2020年01月21日 09:28

スポンサーリンク


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: (※URLは記入できません)