スポンサーリンク


2019年12月10日

愚痴120-128 狭い入り口をみっちり塞ぐように、女性ものの服を着た巨体の男性がいた

(閲覧注意)

スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part120
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1575332226/


128 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:19/12/09(月)01:10:21 ID:0c.u3.L1
お婆ちゃんの還暦のお祝いに、親戚で集まってレストランに行った
席に案内される前、先にお手洗いを済ませようと女子トイレに行った
そこの女子トイレは、中に個室が2つあるタイプのトイレだったので、トイレの外扉には鍵等はついていない
その外扉を開くと、狭い入り口をみっちり塞ぐように、女性ものの服を着た巨体の男性がいた
男性はズボンを膝下までおろしている状態で、母親とおぼしき老婆が嫌がる男性におむつをはかせているところだった
私はびっくりして、足に根が生えたように動けなくなった




スポンサーリンク


その間、母親に向かって意味のわからないことを早口で喋り続けていた男性は
振り返り、私を見ると、私に向かって早口に何かまくし立てながら、こちらに体を向けようとした
もしかしたら、避けて道をあけようとしてくれたのかもしれない
だけどズボンが膝のあたりにあったので、足がもつれて、逃げそこねた私を下敷きにして倒れ込んだ
正直死ぬかと思うくらいの衝撃が足と内蔵にきた
痛みで前後不覚になる中、私のあとからトイレにきた女性が声を上げてくれたので、親戚の男性総出で助け出してもらえた
私が助け出されるまで、倒れ込んできた男性は下半身もろだしのまま、起き上がろうとするでもなく
しかも漏らしながら私にしがみついてきて、その間もすごく早口で喋り続けてて、ものすごく恐怖だった
母親は息子にずっと声をかけてたけど男性は母親の方に見向きもしないし、むしろ親戚の男性たちに
「この子を怖がらせないで!乱暴しないで!」と男性の向こう側で言い続けていた
私は助け出されたあと、有無も言わさず救急車にのせられて病院へ行き、骨折等でそのまま入院した
約10年前、私が10歳だった頃の話

この時の経験のおかげで、私は初対面のとても太った男性に恐怖を抱くようになってしまった
今大学のゼミに120キロ超えている太った男性がいるんだけど、その人と話すときだけ強く緊張してしまって
「なんで俺のこと怖がるの?俺がなんかした?俺に失礼だと思わないの?」と頻繁に絡まれるようになってしまった
緊張しないようにしようとしても、その男性の前でだけ吃ってしまう
10歳の頃の話も話そうかと考えたけど、いろいろと難しい問題も絡んでるし、余計怒らせそうな気もして、話せないでいる
ゼミの人が怖い人じゃないのは頭では理解できてる
でも体が私の意志とは裏腹に、緊張して吃ってしまうが
どうしたらいいんだろう・・・


タグ:痛い お店 愚痴
posted by 管理人 at 00:24 | Comment(4) | 愚痴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「なんで俺のこと怖がるの?俺がなんかした?俺に失礼だと思わないの?」と頻繁に絡まれる

そういうところが余計に怖がられるわけで
同情はするけど絡むのやめなよデヴ
Posted by at 2019年12月10日 01:39
そのゼミのデヴも池沼臭いな
Posted by at 2019年12月10日 08:26
デブにはろくなのいない(暴論)
Posted by at 2019年12月10日 10:47
そこまで態度に出てるから殆どあかの他人みたいな奴に言われるんだろ。ちゃんと説明しろよ。
Posted by at 2019年12月11日 18:53

スポンサーリンク


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: (※URLは記入できません)