スポンサーリンク


2019年08月09日

修羅場27-333 お互いポンポン言い合える友人の延長みたいな夫婦だと思ってた

今までにあった修羅場を語れ【その27】
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1553414878/


333 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:19/08/08(木)11:48:52 ID:RiA
もうとっくに終わった話だから反省をこめて書く。
私と元夫は学生時代に知り合ってそのまま結婚。お互いポンポン言い合える友人の延長みたいな夫婦だと思ってた。
フルタイム共働きで、四年結婚生活したが子供はなし。収入格差なし。残業の分、私が手取りちょい多いかなくらい。
結婚四年目で元夫の兄(以下、元義兄)が結婚することになった。
元義兄はずっと親と同居で、専業主婦の元義母に甘やかされてたから家事がまったくできない。
元義兄はそれを気にして「婚約者とは共働きの予定だし、俺も家事覚えなきゃ。母は俺を甘やかすから、おまえらを参考にさせてくれ」と言い訪ねてきた。
私はいいよと快諾。元夫はちょっと渋ったが承諾。




スポンサーリンク


元義兄は十日くらい飛び飛びに通ってきたが、ある日ボソっと私にだけ「あいつ(元夫)ずっとあんななの?」と言った。
私「?」
元義兄「知らなかった。本当ごめん、離婚したいなら力になるよ」
私「??」
その時は全然ぴんとこなかったんだけど、数日かけてジワジワ「夫って実の兄にそこまで言われるほどアレなの…?」という気がしてきて
客観的に元夫を眺めるようにしてみた。結果は以下
・私を日常的に「ブス、豚、ぶさいく」と貶す。食事は文句しか言わない
・家事しない。私の家事に文句しか言わない
・「ごめん」と「ありがとう」を絶対言わない
・すれ違いざまに私を叩いたり、ローキックしたりする
・服を買ったり髪を切ったりすると「また無駄づかいして」と何日も言う
・食事中でもゲップやオナラ平気。わざと臭くした足で私を蹴るなど不潔
そのたび私も言い返してたからあんまり気にしてなかったんだけど、覚めた目で見たら「ないわー」と思った。
「何でも言い合える友達夫婦」「気を許しあってるからこそ出来る関係」とか思ってた私バカ丸出し。
単に私をナメてるだけの無礼な人だった。
そう気づいたら覚めて、トントン拍子に別居して離婚した。
元夫は別居した時も離婚した時も「フーン、ヘー、だから何?」って態度だったけど、
離婚後半年くらいして急に「メシ食わない?」「映画行かない?」とメールしてくるようになって、うざかったから着拒した。
今思えば、なんで四年も「何でも言い合える友達夫婦」なんて思っていられたのかわからない。
環境に適応しようとして、脳が思考能力を落としてたとしか思えない


幻覚の脳科学──見てしまう人びと (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
オリヴァー・サックス
早川書房
売り上げランキング: 64,699

posted by 管理人 at 00:54 | Comment(2) | 修羅場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
元義兄、家事はできなくても弟よりは精神はまともだったんだね。
Posted by at 2019年08月09日 11:35
嫌な事は忘れたり、理解しようとすると脳が止めるアレだなw
そんなんが発動しちゃうほど酷かったのか弟よ。
Posted by at 2019年08月09日 16:20

スポンサーリンク


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: (※URLは記入できません)