スポンサーリンク


2019年07月04日

神経51-193 いじめ加害者は被害者に積極的に関わるな

その神経がわからん!その51
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1560831180/


193 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:19/07/03(水)10:29:11 ID:XLd.1o.vp
いじめ加害者は被害者に積極的に関わるな。
10年経とうが20年経とうが。
この前行ってきた同窓会で気分悪い事あった。

友人Aと私は高校時代からの親友。
一緒に同窓会に参加したら、
Aを「話がある」と連れ出したB。
Bは私にとってもAにとっても単なるクラスメイトで、当時もそこまで仲良くない。挨拶程度しかしてない。
今回の同窓会で卒業以来の再会。





スポンサーリンク


?と思いながら、別の友人達と話ながらA達を見ていたらガバッとBが抱きつきAがなだめる?感じ。異様な雰囲気だったから、なんだったの?と聞くと「同窓会終わったら話すね」とA。

Aから聞くと、実はBはAを小学校時代いじめていたらしい。
クラスの女子ほとんどがAを無視するレベルの。
その首謀者がBだった。
暴力や金銭の被害はなかったが、物を隠される、無視やからかい、変なあだな、授業のグループに入れてもらえない等。
Aの母は何回も学校に通ったらしい。
先生も頑張ってくれていたが、当時あまりいじめ問題を深刻にとらえる風潮がなくてなかなか解決しなかったそうだ(A曰く)
↑多分、校長に話がいくとか教育委員会にいくというレベルではなかったという事だと思う

中学が別になり安心してたら高校で再会。
Aは内心穏やかじゃなかったが何もしてこなかたので、そのまま放置。Aは楽しく高校生活を送れた。
Aがいじめを受けてた事、全く知らなかった。
AとBが同じ小学校なのも知らなかった。
「いじめを受けていたって恥ずかしくて言えなくてね」だって。

それが今更の謝罪。
ずっと許して欲しかったんだって。
高校でAに再会したら、Aは普通に楽しく高校生活送って安心した、でも自分からは言えなくて。
最後のチャンスだと思ったって。
Aはなんて事ないみたいな顔して話してくれたけど「許して?って言われて許さないわけにいかないよね…」と言ってて気の毒だった。
Aに謝罪した後のBは晴れ晴れした顔をしていた。
「許してくれてありがとう!」とAに抱きついたらしいが、それもまた腹が立った。

小学校時代から、もう20年は経ってて本人は許されて嬉しい!かもしれんが。
Aは無駄に当時の辛かった事を思い出して可哀想だし、本当にBの神経わからん。
そんな謝罪いらないから。
もう近づくな。


posted by 管理人 at 01:22 | Comment(2) | 神経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そんなん第三者が言ったって、被害者自身が呼ばれてほいほい付いていくんだから無意味。
Posted by at 2019年07月04日 03:49
許さなくてもいいじゃん別に。
悪者にされたって同窓会出なきゃいいだけ。
結局、相手の気持ちなんか考えない自己満足なんだし。
Posted by at 2019年07月04日 16:37

スポンサーリンク


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: (※URLは記入できません)