Loading...



スポンサーリンク


2019年05月24日

衝撃的25-21 「おたらし」「たらし焼き」っというものを知って衝撃を受けてる

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その25
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1558310551/


21 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:19/05/23(木)10:16:33 ID:F5P.ho.fi
他の人からしたらたいしたことじゃないだろうけど、「おたらし」「たらし焼き」っというものを知って
衝撃を受けてる

子どものころ貧乏で(毒親にありがちだけど、母親がお金の使い方がおかしい人だった
今は色々あって、連絡絶ってる)母親がよく小麦粉を水でといてフライパンで焼いただけのカタマリに
砂糖をつけて食べていた
おやつなんて買ってもらえなくて、子どもだったから甘いモノが食べたくて食べたくて仕方なかったから
なんとか食べていたけど、とても美味しいとはいえないシロモノだった




スポンサーリンク


西原理恵子さんの漫画に「義父にとても可愛がってもらって、小麦粉と砂糖だけで作ったホットケーキや
ドーナツをよく作ってもらった。当時は『おいしいおいしい』と食べたが大人になって作ってみたらクソマズイ
可愛がってもらったから愛情でおいしかったんだろう」
って話を読んで、(ああ、似たようなことしてる家他にもあったのか。マズイよねアレ)
なんて思っていた

ところがこの間なにげなく、「おたらし(たらし焼き)」っというやっぱり小麦粉を水で溶いたものにお味噌や
砂糖を入れて作るおやつを知ってビックリした
自分で作ってみてビックリしたんだけど、おいしい!
ちゃんと生地に味をつけて、水を調整して薄くのばして焼くとモチモチしてる
私がこどものころに食べたあのゴムのカタマリみたいなモノはなんだったんだろう
ちょっと丁寧に作ればこんな美味しいものだったのか、あの母親は自分さえ良ければいい人で
子どもに美味しいものを作って食べさせようなんていう人じゃサラサラなかった
西原さんの義父さんは、きっとこどもに美味しく食べてもらいたくて丁寧に作ったんだろう
(ギャンブル好きで問題のある人ではあったみたいだけど)

おたらし、安上がりだし気に入って最近毎日作って食べてるけど、ちょっとだけ子どものころの
しんどい生活を思いだしてすこしやるせない気持ちになる


西原理恵子 (文藝別冊)
西原理恵子
河出書房新社 (2018-01-22)
売り上げランキング: 33,730

posted by 管理人 at 00:39 | Comment(0) | 衝撃的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

スポンサーリンク


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: (※URLは記入できません)