Loading...



スポンサーリンク


2019年04月24日

衝撃的24-867 死んだ伯母は昔から努力のしどころと金の使い方がおかしく

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その24
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1545877507/


867 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:平成31年 04/24(水) 20:09:42 ID:S72
大分昔のことだけど知的障害のある従兄が伯母の遺体を放置して逮捕されたこと
新聞にも載った
伯母の年金で生活していた&葬式代がなかったそうだ
伯母は70近かったんだが死ぬ前日までパートのかけもちと年金で従兄を養っていた
家は築50年の平屋建ての長屋だった
驚いたことに叔父は1度も障害者年金を受給しておらず
伯母が福祉事務所に相談に行ったこともなかった
叔父は養護学校卒業後に障害者枠で工場の清掃業についたものの
3年と務まらず作業所で日銭を稼ぐのみ
その作業所すら30前に通所をやめて10年以上家に引きこもっていた




スポンサーリンク


869 名前:867[sage] 投稿日:平成31年 04/24(水) 20:24:22 ID:S72
死んだ伯母は昔から努力のしどころと金の使い方がおかしく
家電はギリギリまで買い換えないのに(脱水が出来なくなってる洗濯機を何年も使い続ける
隣人(生活保護受給者)にラーメンやビールをおごったりと変な人だった
母が伯母と絶縁した理由もアパートの家賃を滞納しているからと
泣きつかれて苦しい家計の中から当時のレートで30万程貸してあげたのに
その金を亡き夫の兄がギャンブルで作った借金の代理返済に充ててしまい
もう一度30万貸してくれだの寝言言われたから
昔から迷惑かけてくる人には愛想良く親切で
経済的な援助をしてきた我が家には嫌味言って来たりした
そんな伯母の口癖は「耐えて働けば必ず春がくる」
ええ伯母は働き者でしたよ。70まで仕事を掛け持ちして野菜も長屋の坪庭で作ったりしてね
でも思考を捨てて社会の底辺でしか居場所を作れなかった叔母とその息子の結末は哀れだった
身内なのに冷たいと批判されるかもだが伯母ほどじゃないにしても
貧乏な我が家はトータルで100万程貸してかえってこなかっからね
従兄は今どっかの精神病院にいます


posted by 管理人 at 23:12 | Comment(1) | 衝撃的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
価値観というより何か発症してそうな人だね
Posted by at 2019年04月25日 17:16

スポンサーリンク


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: (※URLは記入できません)