スポンサーリンク


2019年04月23日

何を書いても74-596 小学一年生の頃、祖母にお祝いとして着物を買ってもらった

何を書いても構いませんので@生活板74
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1554123485/


596 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:平成31年 04/21(日) 16:58:04 ID:e2M.yu.ri
小学一年生の頃、祖母にお祝いとして着物を買ってもらった。
初めて自分の着物に私は大はしゃぎ。
しかし母には「正月の時にしようね」とたしなめられ、グッと我慢した。
そして待ちにまった正月。
大はしゃぎする中、母が着付けしてくれたのたが、なんかチクチクとする。
着物の生地が私の肌と擦れる度に針で刺したかのようにチクチクするのだ。
私は「なんかチクチクする」と訴えたが、母は着なれてないだけ、そのうち慣れると聞く耳持たず。



スポンサーリンク


私は不快感を感じながらも、祖母宅へ連れられ、喜んで出迎えた祖母に着物のお礼を言い、集まっていた親戚にも「見て見て!すごいでしょ!」と見せてまわっていたが、その間もチクチクは止まらず。
あとは痒くなってきて袖をまくったら、チクチクしていた所が真っ赤に。
腕以外にも首筋や太もも等、所々赤くなっていた。
母に「着物がチクチクする。かゆい」と半泣きで訴えるも、帰るまで我慢できないの!?と怒られる始末。
そりゃあ母にしてみれば、姑に買ってもらった着物を、子供が嫌がるなんて見せられたもんじゃなかっただろう。
母の気持ちも今ならわかる。
しかし我慢しろと言われても、当時の私はかゆいの痛いので、テンションがた落ち。
隅っこでボリボリ痒い所をかきながら、大人しくする私を見て、祖母は「どうした」と声をかけられ、一部始終を話したら、普段着に着替えさせてくれた。
母はめっちゃ謝っていたが、祖母は肌に合わない着物を買ってきた自分が悪いと、これまた祖母も謝っていた。
それ以来その着物は出番がなかったが、暫くして親戚の子に譲った。
生地が私の肌には合わなかったんだと思うけど、高くない年金から、孫が喜ぶだろうと買ってくれた着物を無下にしてしまって、今でも申し訳なく思う。
ちなみに今でも特定の生地は肌に合わない。



posted by 管理人 at 00:38 | Comment(4) | 何を書いても | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シルクアレルギーじゃ?
Posted by at 2019年04月23日 00:49
誰かが嫌がらせでマチ針を仕込んだんだと思ったわ。
Posted by at 2019年04月23日 04:13
※2同じく
Posted by at 2019年04月23日 07:22
お直しの時の仮止めの待ち針でも残ってたのかと思ったわ。
嫌がらせは思わんかったwww
Posted by at 2019年04月23日 16:21

スポンサーリンク


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: (※URLは記入できません)