スポンサーリンク


2019年03月03日

神経48-944 父に、過去の失敗料理の話を延々とされた

その神経がわからん!その48
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1547733750/


944 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2019/03/03(日)09:10:01 ID:saH.te.ik
母が三十代で亡くなってずっと父子家庭でした。
再婚話が持ち上がって一時期女性が家に出入りしていたけど、結局結婚しなかったので
その女性が来ていた時期以外は私が家事をしていました。
小学生から始めたから、最初は玉子焼きとかブロッコリーを茹でるだけとかその程度。徐々に上達したけど。
現在は作るメニューがやや婆臭いけどフツメシです。
この間、結婚を考えている彼氏を父に会わせました。



スポンサーリンク


父に、過去の失敗料理の話を延々とされた…ブロッコリーを黄色くなるまで茹でたとか、カレーが生煮えだったとか、ニンニクとショウガの区別がつかなかったとか。
でもニンニクとショウガの区別がつかなかったのは小三の時だし、ブロッコリーもカレーも失敗したのは最初の一回だけでした。
「小学生だったんだから勘弁してよ」と笑い話にしようとしても父はしつこく
「グズグズでまずいブリッコリーだった」
「ニンニクとショウガの区別がつかない馬鹿だった」と繰り返す。
彼氏が「子供だったんだから一回や二回失敗するでしょう!」と強めに言ってくれて、やっと黙りました。
そういえば昔から一度も誉めてくれなかったな、文句ばっかりだったなと思いだしてしまって鬱。
再婚予定の女性を誉めてるところも見なかったから、それで振られたのかもしれません。
彼氏もはっきり言わないけど悪印象を抱いたみたい。無理に誉めなくていいけど、こんな時くらい貶さないで欲しかったです。



タグ:神経 家族 婚約
posted by 管理人 at 20:57 | Comment(4) | 神経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本来なら親である父親が食事の支度をするところを、父親が教えることもせずに小学生の娘さんがずっとやってくれていたんだから感謝されこそすれ、笑い話にされる謂れはないな
Posted by at 2019年03月04日 07:57
子供に妻代わりをさせる時点でクズ
Posted by at 2019年03月04日 10:25
世の中全てが見下す対象なだろうな。
Posted by at 2019年03月04日 16:14
彼氏は場の空気にも流されないし素晴らしいね。
Posted by at 2019年03月05日 15:47

スポンサーリンク


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: (※URLは記入できません)