Loading...



スポンサーリンク


2018年11月12日

神経46-571 「おじいちゃん」「おばあちゃん」としか呼ばなかった

その神経がわからん!その46
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1539550368/


571 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/11/12(月)19:14:09 ID:cGM
中学生の時、職場体験で老人ホームに行った。老人ホームと言ってもケアハウスみたいなところで、要支援ではあるけど要介護の人はいない施設と聞いた。
もし、要介護や重い認知症になったら、他所の施設に移るらしい。だから100歳に近い人でも耳が遠かったり、足が悪い程度で思考はしっかりした人が多かった。

老人ホームの職員は利用者を「おじいちゃん」「おばあちゃん」としか呼ばなかった。
20代、30代の職員がそう呼ぶのはまだ分からないこともないが(それでも失礼ではあるが)、一番若い利用者とたいして年が変わらなそうな職員(60代半ば)の人でさえ、「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼ぶ。

私達も呼び方に迷ったけど、高齢者が多い病院に行く班の人は事前挨拶の時に
患者を「おじいちゃん」「おばあちゃん」ではなく、苗字で敬称をつけて呼ぶように言われたと言っていたのを思い出して私達は利用者を「○○さん」と呼んだ。

そしたら、利用者に「あなたたちは私を名前で呼んでくれるのね」と感激された。
利用者は「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼ばれるのが嫌だったようだが、いくら呼び方を変えるように頼んでも
「またまたー、○○歳なら立派なおじいちゃん(おばあちゃん)ですよー。」と茶化されるだけだったという。

職場体験は1週間和やかに終わったし、この経験から高齢者に関わる看護師を目指したやんちゃな男子もいたんだけど、職員だけは本当に神経分からんかった。

言霊の思想
言霊の思想
posted with amazlet at 18.11.12
鎌田東二
青土社
売り上げランキング: 445,419





スポンサーリンク


タグ:神経 老人 職場
posted by 管理人 at 23:37 | Comment(3) | 神経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前、ある老人ホームを見学に行ったとき、そこの一番偉い人が案内してくれたんだけど、入所者が通りかかるたびに「〇〇さん、最近××はどうですか」とか、名前だけじゃなくてその人の近況とかも全部把握してて驚嘆したよ。
Posted by at 2018年11月13日 02:28
三箇所で働いたけど、どこも名前にさん付けだったわ。
Posted by at 2018年11月13日 06:51
そこだけ特殊かよっぽど昔の話かね
自分も○○さん以外聞いたことない
Posted by at 2018年11月13日 10:04

スポンサーリンク


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: (※URLは記入できません)