スポンサーリンク


2018年10月25日

衝撃的23-654 平安時代の人を勉学の神様として祀ってあった

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その23
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1532966349/


654 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2018/10/25(木)00:18:37 ID:OBJ
友達知人そこそこの大人数で旅行に行き、有名な神社に寄った時の話。
知人が突然「あそこにおじいさんがいるよ」と言い出し、誰もいない方向に駆けだした。

「あっ、こんにちは!うんうん…勉強頑張るのじゃぞ…だってさ!あれ?おじいさん?」
あまりに突飛でモノマネできるくらいに思い出せるけど本当にこんな感じのこと一人で言い出した。
その知人と親しい子たち曰く、その子には霊感があって昔から不思議な体験が多いとのこと。
そこの神社には有名な神様のほかに、平安時代の人を勉学の神様として祀ってあった。

本当にそういう人っているんだなあと思った出来事。
平安の人じゃぞ口調なんかなあ。





スポンサーリンク


posted by 管理人 at 12:19 | Comment(4) | 衝撃的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
平安時代の人、恨みを忘れられたのかな
Posted by at 2018年10月25日 21:25
道真公、「じゃぞ」とは言わない気がする
Posted by at 2018年10月25日 22:10
官公、京都中を震え上がらせた荒御魂だけどねw
Posted by at 2018年10月26日 03:22
平安時代の口調なんか通訳が必要なレベルだろ。
本当に見えてるなら近所の世話焼きジジイの霊とかなんじゃね?
それか不思議ちゃんを演じてる厨二病だな。
Posted by at 2018年10月26日 04:37

スポンサーリンク


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: (※URLは記入できません)