スポンサーリンク


2018年10月21日

衝撃的23-636 放火の参考人になったこと

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その23
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1532966349/


636 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2018/10/20(土)21:01:49 ID:jxz
放火の参考人になったこと
自宅マンションから出ようとしたら、知らないおばあさんに「ゴミ置場燃えてるよ」と言われ、
裏にあるゴミ置場に行くと炎があがっていて、パニックになったが急いで消火器取りに行って消火
そのあと管理人に報告をして後は任せて出かけた
しばらくして家に帰ると玄関ドアに消防署員から連絡くださいとの貼紙が
電話すると、どんな人に燃えていることを知らされたのかと、すぐに消火できた理由を聞かれた
パニックでしっかり覚えていないと言っても、詳しく聞かれた
電話の最後に「これであなたは消火にあたっただけということが証明できるので」と言われ
自分が疑われる立場であったことに気がついた
目撃者いなかったんだからそうなるよね






スポンサーリンク


posted by 管理人 at 02:36 | Comment(2) | 衝撃的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
消したつもりでも燻って再燃する可能性もあるから念のために連絡しといた方がいいね
Posted by at 2018年10月21日 13:27
犯人は現場に戻る、の具体例が放火犯だからまーしゃーないね。
英雄だかメシアだか症候群だっけ?
Posted by at 2018年10月21日 16:34

スポンサーリンク


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: (※URLは記入できません)