Loading...



スポンサーリンク


2018年10月13日

何を書いても67-300 空間には私とおじいさんの二人みたいな感じ

何を書いても構いませんので@生活板67
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1538543988/


300 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2018/10/12(金)06:22:00 ID:dMS
昨日の昼にあった不思議な話。

買い物帰りに駅前のベンチに座ってたら、内田裕也を小汚くしたようなおじいさんが向かいのベンチに座った。
そのベンチは駅前とはいえ人通りから少しずれるので、空間には私とおじいさんの二人みたいな感じ。

で、おじいさんが大声で電話を始めたんだけど、「あいつは俺の部下だった」「先週会う機会があって躾のためになぐってやった」「涙を流してありがとうございますと言ってきた」みたいな事を武勇伝風に話していた。




スポンサーリンク


私は、こんなヨレヨレの爺さんに殴られて泣く元部下とか存在すんのか?と思いながら無視をしていたら、電話をしていたおじいさんの携帯が鳴った。
電話してるフリだったんかーいと心の中で笑っていると、おじいさんの携帯から「おう〇〇さんよ、今日もサボリか?」みたいな話が聞こえた。
おじいさんは自分の息子より若そうな声色の男性に「へい!しゅんましぇん!」と繰り返し、最終的には怒鳴られながら電話を切った。
なんか惨めだなーこうはなりたくないなーなんて思いながらチラ見すると、さっきまでの威勢を感じさせない姿のおじいさんと目があってしまった。
気まずい!と急いで目をそらそうとした瞬間、おじいさんがガッと立ち上がり「ブッ!チッ!ブクブク!チッ!」のような事を言いながら体を揺らしはじめた。
私は混乱しながらも、このヤバいおじいさんを刺激しないように切り抜ける方法を頭をフル回転させて考えていると、「ボイパ!流行ってんだぜ!」との言葉を残しおじいさんは去っていった。

完全に喋ってるのに「ボイパである」と言い切ったおじいさん、終始何がしたかったのか分からないが、本当にあった話でした。


練習方法・楽譜アレンジ・ボイパこれ1冊!CD付 アカペラ・パーフェクト・ブック
あっしー
ドレミ楽譜出版社 (2012-01-30)
売り上げランキング: 82,589

posted by 管理人 at 02:41 | Comment(5) | 何を書いても | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
電話してるフリは、笑える系まとめを読んで吹き出すのをこらえる時にたまにやるな。友人からのイタズラメールを受け取ったって設定でな…ちょwwwおまっwww変な画像送ってくるなYO!みたいな。
Posted by at 2018年10月13日 05:00
※1みたいな感じはわかるけど、このおじいさんまで揃うと新しい都市伝説みたいな気もしてくる
Posted by at 2018年10月13日 07:20
単に気持ち悪いわ…
Posted by at 2018年10月13日 15:58
惨めだな
Posted by at 2018年10月13日 19:39
学生だった頃に、バスの中で「他人には見えない部下」に懸命に「仕事とはそういうものじゃないんだよ…」とかお説教してるお爺さんを見たな。なんかすごく悲しい気分になった。
携帯電話なんて影も形もない時代。
Posted by at 2018年10月16日 03:36

スポンサーリンク


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: (※URLは記入できません)