Loading...



スポンサーリンク


2018年10月04日

修羅場9-689 母が痴漢冤罪の加害者だったせいで婚約破棄されたこと

(胸糞注意)


今までにあった最大の修羅場を語るスレ9
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1489655833/


689 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2018/10/04(木)19:52:53 ID:qOq
母が痴漢冤罪の加害者だったせいで婚約破棄されたこととそれにまつわる出来事。
少しフェイク入れてるがそれ以外ほぼ事実。
諸事情により今どうしているかは書けないが、大切な人達と遠く離れた地で心穏やかにみんな幸せに暮らしているという所で察してください。

母は20年と少し前の学生のころ、悪いグループに属しており、母友人が痴漢冤罪を被せ、母が「痴漢されていたのを見た」と虚偽の証言をするという犯罪をし示談金という名目で多額の金銭を受け取ったり、
グループで援助交際を装い美人局を行い、時には悪徳金融から金を借りさせるといった犯罪行為をしていたらしい。





スポンサーリンク


時を経て母は当時のグループで影響力のデカかった父と結婚し、俺たち兄弟が生まれ順調に育ち、俺は彼女と婚約した。

お互いの両親にも挨拶に行き結婚式の準備も終え、婚約者が仕事を辞め俺の社宅にきた段階で、婚約者父がむかし俺母に痴漢冤罪を被せられ人生を狂わされた事が判明し激怒。
彼女も俺母が生理的に受け付けられないと言い、俺は「申し訳ありません、お詫びのしようもないです。俺も初めて知りました。母とは今後一切縁を切り仕事も辞め転居します、婿養子にしてください」
と門前払いを受けながらも彼女のことが諦められず、何度もうかがい頭を下げ時には涙し一時は持ち直しかけた。

しかし、母を連れて謝罪に向かったところ「昔のイタズラをいつまでも」とキチガイのような言動をとったため、結局破談となった。

婚約者は既に会社を辞め俺の会社の社宅に引越し済みだったので、慰謝料と結婚式披露宴のキャンセル料を当然支払った。
婚約者やそのご家族、母の被害に遭われた方々には本当に申し訳ないし恥ずかしい思いでいっぱいだった。

母には事前に何度も何度も一緒に頭を下げてお詫びするようにお願いし了承も得て訪問したのに、この対応だった。
それに、母は当時のことを振り返り「グループでも端役だったから、男(冤罪の被害者)から貰ったお金の分け前はもらえなかった(だから痴漢冤罪に関わったグループ内でも軽い方だ)」
と慰謝料その他の金を分け与えてくれなかったグループへの不満を漏らしていた。こんな人間の子供に生まれてきた事を恥ずかしく思い、死にたくなったが、
(元はと言えばコイツが最低なことさえしなければ…)という思いが消えなくなり、 婚約者父へ心から詫びるのなら減額もしくは請求しないつもりだったが、母へ慰謝料で消えた俺の貯金を返せと請求した。

父には「親を訴えるなんて育ててもらった恩忘れて何を言う」「恥知らず」
「家族より金か」「タカリに来たんだろ」
「帰れ」「昔はみんなそれぐらいしていた」「貧乏学生の小遣い稼ぎみたいなもんだ」と散々言われたが、
「そのいままで育ててくれた母親のおかげで、
俺は、努力して務めた会社も今回の事で辞めることになり、
一目で結婚したいと思った最高の彼女に婚約破棄され精神に大ダメージを受けた上、
友人数名に距離を置かれ、慰謝料やキャンセル料等でいままでコツコツ貯めてきた貯金もカラになったんだが?」
「アンタさ、俺はかかわってないと言いつつ肯定するなんて痴漢冤罪やウソの証言で人を狂わしてきた母と同類だ」
「弟がアンタや母の言う「他愛ないイタズラ」で人生終了しても許せるんだな?」
「そこまで言うなら母は許すよ、そのかわりもう家には金は入れないし縁を切る」
と言うとただの脅しかハッタリだと思ったのか「やってみろ」と言われたのでその通りにした。

俺は当時、妹の学費や祖母のデイサービス代の分を親の口座へ入れ、双方へ小遣い(各月1万5000づつ)を妹と祖母への口座へ入れていた。
それなのに感謝の言葉すら双方から無く、好意でやっていたが段々虚しく半ば惰性で入金していたんだが、婚約者と付き合っていた時にふと漏らすと「母が通帳を握っているのでは?」と言われ調べてみるとその通りだったので双方の手元に確実に届くように手配した。

両親は学生結婚し若くして俺たちを産んだので、当時まだアラフィフだったし今後は2人暮しになるんだから、浪費をやめ慎ましく生活すれば老後までには払い切れるだろうと踏んでの請求だった。


関連: http://shuraba.seesaa.net/article/462012204.html
posted by 管理人 at 23:42 | Comment(5) | 修羅場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何だこれ、上のとのコラボ?
Posted by at 2018年10月05日 06:23
もしそうだとしたら二年かけた仕込みってことか
Posted by at 2018年10月05日 17:00
これ母だけじゃなくて父も関係者なのでは
父何やってんだ
Posted by at 2018年10月10日 09:48
母の書き込みも見つけた。上のとのコラボかな
Posted by at 2018年12月20日 16:38
母の書き込みも見つけた。上のとのコラボレーションかな
Posted by at 2018年12月20日 16:43

スポンサーリンク


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: (※URLは記入できません)