Loading...



スポンサーリンク


2018年07月05日

百年の恋8-195 デートで会うなり手に持っていた袋を満面の笑みで渡された

百年の恋も冷めた瞬間 Open 8年目
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1526995532/


195 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/07/04(水)22:06:50 ID:hmH
デートで会うなり手に持っていた袋を満面の笑みで渡された
知らない店名でなんだか軽い
『似合うと思って買ったんだ』と。開けてみたらド派手な編み物が入っていてなにかわからなかった。
どうもポンチョらしいけど羽織る自分が想像できず(私は無地や落ち着いた色の服を好む)固まっていたら『銀行にいっていい?お金おろしたいから』と言われてすーっと冷めた
私の趣味を無視した物を買ってお金ないと言う彼が気持ち悪かったし、後日「やっぱり着れない」と言った私に激怒して『じゃあ返して?妹にあげるから』の発言にもっと冷めた。
アクリルタワシみて思い出した





スポンサーリンク


posted by 管理人 at 01:21 | Comment(2) | 百年の恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アクリルたわしみたいなポンチョだいたい想像出来たww
プレゼントをある程度適切に選べない人って地雷率高そう
Posted by at 2018年07月05日 08:59
普段の会話の中から相手が何を必要としているのか、欲しがっているか、色やジャンルの趣味などを把握できず自分の趣味でしかプレゼントしない人っているよね。
Posted by at 2018年07月05日 13:10

スポンサーリンク


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: (※URLは記入できません)