スポンサーリンク


2018年06月19日

何を書いても62-558 ズボラな生徒たちはよくその穴に鉛筆ひっかけてプリントに穴開けたりしてさ

何を書いても構いませんので@生活板62
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1528008446/


558 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/06/19(火)13:51:34 ID:SMU
ふと思い出したので書いてみる。
今の学校の机がどんなかはわからないけど、うん十年前の私の頃はてっぺんが天然の木の1枚板だった。コーティングとかもされてない感じの。
天然木ってことは当然ウロかなにかわからないけど穴空いててさ。
下敷きをちゃんとすればいいんだけど、ズボラな生徒たちはよくその穴に鉛筆ひっかけてプリントに穴開けたりしてさ。消ゴムのカスとかも溜めてるやつも居たなあ。
私もよく穴トラップに引っ掛かってテストに穴空けて「下敷きを使いなさい!」なんてお叱りコメント頂いたもので。
でも六年生のある日突然穴トラップに引っ掛からなくなった。



スポンサーリンク


机は変わってない。下敷きもよく忘れた。でもプリントに穴は空かなくなった。
よく見ると全ての机の全ての穴にパテが塗ってあって、綺麗に磨いて机の色に合わせて塗装までされてて。
ひとクラス40人分の机を担任の先生が一人で一晩で埋めてくれてたんだわ。
割とヒステリックに毎日怒ってるような人で凄い苦手な先生だったのだけど、その机をみてなんていうか愛みたいなのを感じてその先生が大好きになった。
今になって思うとあれ、一つの穴塞ぐのだってすごく手間なのにあの数。先生はどんな気持ちでヤスリをかけていたんだろう。
今はどこで勤務されてるかもわからないけど、いつか会えたらあの感謝を伝えたい。

561 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2018/06/19(火)15:33:32 ID:XPJ
>>558
その気遣いと苦労に気付いて先生への認識が変わったあなたも素晴らしいよ
同窓会とかで逢えてその時の話が出来るといいね

振り返って、自分の頃の机はどんなだったかなと考えた
みっちりスーパーカー消しゴム用のコースを書いてあったり
彫刻刀で名前とか彫りこんであったりしたわ
…昭和だなぁ


574 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/06/19(火)19:14:18 ID:SMU
>>561
ありがとう。会えるといいな。
いたいたwwコース書き込んだりわざと彫ってる人も元々の穴を初めての彫刻刀で拡張してる人もww


posted by 管理人 at 23:11 | Comment(2) | 何を書いても | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こういうのが愛情こもった優しさだよな
時間も体力も相当掛かったろうし先生の仕事じゃないのに
Posted by at 2018年06月20日 10:23
自分の頃は圧縮合板の机だったけど、カッターとかでほじくって穴開けてゴルフとかしてました。
せんせいごめんなさいw
Posted by at 2018年06月20日 17:04

スポンサーリンク


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: (※URLは記入できません)