Loading...



スポンサーリンク


2018年06月15日

衝撃的22-433 妊娠中の新妻という設定を繰り広げてから家事が全く苦でなくなった

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その22
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1524481841/


433 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2018/06/14(木)11:47:47 ID:RJ1
自分は家事が嫌い。
やらないわけではないけど、面倒くさいって思うことが多い。
それでもやらなければならない、寂しい独り身女。

しかし、最近家事が楽しい。
脳内で、自分が夫の帰りを待つ妊娠中の新妻という設定を繰り広げてから家事が全く苦でなくなった。
最初は脳内だけで満足していたけど、最近は丁度良いところに、丁度良いサイズのお腹が。
それを一撫でしてみたら、さらに楽しくなった。
時折意味ありげに「ふう」と溜め息を吐いて、お腹を擦る。
あれ?今私めっちゃ健気な新妻感出てない?と楽しむ。
さらには洗濯物を畳みながらお腹に話しかける。
こんな喪女でも、世界で唯一心配してくれる父から授かった、防犯対策用の父のお古パンツを畳みながら
「パパの帰りはまだかなー?」と声をかける。
すっごい楽しい。

家事は楽しくなったけど、そろそろダイエットしないと本当に授かりそうな勢いだ。
むしろ授かって、死亡の塊の一つや二つ産み落としてお腹ぺったんこにならないかな…とか思うようになってきた。
授かる前に人間として終わりそう。いや、もうすでに終わってそう。

でも、考え方一つで嫌いなものが好きになるっていう事実も衝撃的。





スポンサーリンク


タグ:衝撃的
posted by 管理人 at 02:38 | Comment(2) | 衝撃的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人には話しづらいけど結果楽しく家事ができてるならすごい
Posted by at 2018年06月15日 10:40
でもそのお腹はなんとかしようねw
Posted by at 2018年06月15日 16:43

スポンサーリンク


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: (※URLは記入できません)