Loading...



スポンサーリンク


2017年12月31日

不幸な結婚式1-192 「今日は、僕たちの、ために、集まってくれて、どうも、ありがとう」

私は見た!!不幸な結婚式(おーぷん)
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/sousai/1395967120/


192 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2017/12/30(土)17:08:23 ID:cGr
一抹の不幸を感じた結婚式

新婦親戚として参加した。

新郎とは親族の顔合わせをかねた食事会で初めて会ったくらいだったが、初めは緊張してるのかな、くらいの印象だった。
ところが、初めの挨拶がやばかった。書いてきた台本を読み上げるだけ。
しかも「今日は、僕たちの、ために、集まってくれて、どうも、ありがとう」。
挨拶の間一度も顔を挙げないし、親族を見ようともしない。30代と聞いていたので「おいおい大丈夫か・・・」とザワザワし出す会場。
酔いが回ってくると今度は人目もはばからず「新婦ちゃんはね〜可愛いね〜」と絡みだす。
新婦も正直頭が良い方ではないので二人でデレデレ。「キスしろー」なんておっさんにやじられるとほんとにし始める。
可愛い二人ならまだ絵にもなるが、お世辞にも良いとは言えない容姿。
見たくねー・・・と思いつつ、目出度い席なので一先ずなだめてお開きとなった。

当日。式は滞りなく進み、披露宴。
下手なことはなかったが、やはり挨拶は前述のとおり。
しかも今度は「お父さん、お母さん。僕を生んでくれてありがとう。僕は二人が大好きです」ときた。
これだけ見ると素敵な挨拶文の〆みたいだが、内容はほぼこれだけ。
参列者へのお礼はなし、「未熟な二人ですが」などもなし、新婦への記述もなし。
とにかく小1の作文レベル。そして死ぬほどたどたどしい。音読か?朝の音読なのか?
そして当日緊張してるならまだわかる。でも何日も前から考えてた挨拶文自体が完全におかしい。
新婦はニコニコ見守ってるから、内容を忘れたわけじゃない。その文章しか考え出せなかったらしい。
当時、自分は高校生だったが、それでも新郎のヤバさにはドン引きして、いろんなことが頭の中をグルグル回っていた。
職業体験で行った作業所の光景を思い出してしまってからはもうどうにもならなかった。

披露宴が終わってから今に至るまで、不思議なほど家族でこの時の話にならない。触れちゃいけないと誰もが思ったんだろう。
どこにも吐き出せないからここで。
新婦や新郎親族は「ほほえましいわ〜」って感じで見てたから、まあ幸せに暮らしてるんじゃないかな。





スポンサーリンク


posted by 管理人 at 01:47 | Comment(2) | 不幸な結婚式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大勢の前でスピーチするのって多少慣れ必要だよ。めでたい席だからミスも愛嬌なのかもしれないけど、本人からすれば失敗したくない一心だからね…小学生の作文レベルであってもほほえましく見守ってあげようや。ちゃんとできたらよー頑張ったって拍手して上げてや。
Posted by at 2017年12月31日 09:05
当時ガキだったならこの件は百歩譲ってしゃーないか。
今でも同じように他人を小馬鹿にして生きてそうだけど。
Posted by at 2017年12月31日 16:31

スポンサーリンク


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: (※URLは記入できません)