スポンサーリンク


2017年06月28日

何を書いても46-626 職場に不妊治療をしているAさんとBさんがいた

何を書いても構いませんので@生活板 46
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1497412234/


626 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2017/06/28(水)10:46:01 ID:n2e
職場に不妊治療をしているAさんとBさんがいた
年齢的にも厳しい状況だったが、どうしても子供が欲しいと治療を受けていた
職場で働いている人誰もがその二人が治療を受けているのは知っていたし
2人が「お互い頑張ろうね」と励まし合ったりしているのを度々見かけた
数年後Bさんが妊娠
職場は一気におめでとうムードの中、BさんはAさんに「ごめんね」と謝っていたと
それを目撃した同僚から聞いた
Aさんは「気にしないで。おめでとう」と一言




スポンサーリンク


出産したBさんは産休から職場復帰後、一気にAさんへのマウンティングが始まった
事あるごとにAさんがいる場所に来て「うちの子が」「うちの子は」と話しかける
周囲が気を使って子供の話からそらそうとするけど「でもうちの子(略)」と続ける
更に数年後上司に呼ばれていった自宅でのパーティにも、誰も子供を連れてきていない中
Bさんだけが子供を連れてきていた
保育園児だからはしゃぎまわるし、小さな子がいるから皆気を使って「可愛いね」「元気だね」と
言うとBさんが「そうなのー!もう可愛くってー!」と大声で言う
その場所にはAさんも来ていたのだが、Bさんを避けているのは誰の目にもあからさまで
なるべく関わらないようにしていたんだと思うけど
Bさんはおかまいなく近づいて「楽しんでるー?」とケタケタ笑っていた
ただでさえBさんの行動にドン引きしていたのに更に引いた
上司や同期の同僚に何度か忠告されていたのにBさんは「何が悪いの?」とばかりに
Aさんに絡むのを辞めなかった
最初はAさんも「気にしてないから」と言っていたが
元々明るくて元気だった彼女は出勤してBさんを見かけるたびに無表情になっっていった
その数年後Aさんは一身上の都合で辞めた
その数か月後Bさんも「子供の教育の為」と辞めた

それから数年後ばったりBさんとあった
一瞬誰だっけ?と思うくらいやつれて髪もボサボサ
Bさんから声をかけてこなければ気づかなかったと思う
話を聞くとBさんの子供が事故で亡くなり、その事から毎日のように旦那とケンカして疲れていると言う
旦那さんとは子供の教育の事で以前から口論していたらしく、子供の事故の事で旦那の両親からも責められてると言う
「せっかく授かった子供なのになんで…」と涙をこぼしていたが
申し訳ないが私にはAさんの事があったので、子供は可哀相だけど
Bさんは可哀相だとは思えなかった

posted by 管理人 at 23:35 | Comment(2) | 何を書いても | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Aさんは授かったんだろうか、Bは自業自得でどうでもいいけど。
でもこれAさんが先に授かってたらどうなってたか、ゲスな興味もあるんだよな…。
Posted by at 2017年06月29日 16:34
親の因果が子に報い・・・か・・・。
Posted by at 2017年06月30日 01:21

スポンサーリンク


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: (※URLは記入できません)