スポンサーリンク


2017年06月20日

神経33-291 幼い妹には選択させず、「私が選ばなかったほうが引き取る」とした

その神経がわからん!その33
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1497147367/


291 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2017/06/19(月)17:53:21 ID:hoI
どっちと暮らすか選べってのはきついよね。

私は小3で親が離婚して、「どっちにつくか選びなさい。」
って言われたよ。離婚理由も告げずにさ。

今でこそ小3にそんな絶大な選択迫るなと思うけど、当時はただ「お母さんは(理不尽に怒るので)怖いから」って理由で父を選んだ。
お母さんには会いたきゃいつでも会えるだろうとも思ってたかも知れない。
でもそれから間もなく父の実家のある飛行機の距離の田舎に引っ越すことになった。




スポンサーリンク


結局成人する頃に離婚理由が判明、母の浮気が原因だった。私の選択は正しかったことになる。
でも素直に胸を撫で下ろせなかったよ。
離婚当時園児の妹がいたから。

幼い妹には選択させず、「私が選ばなかったほうが引き取る」としたみたい。
アホかと。
これじゃ妹にとってみれば私も大悪党だよ。
道理で成人してだいぶ経ついまでも手紙のひとつも返ってこないはずだよ。

母も父もスレタイ。
兄弟姉妹は一緒に、って鉄則があるはずだろうに…。

自分の話を書きにきたはずがとんだ自分語りだよ。
自分の話はまたあとで書かせてもらう。

タグ:神経 家族 離婚
posted by 管理人 at 20:51 | Comment(2) | 神経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
え…自分語りは自分の話ではないの…?
Posted by at 2017年06月21日 01:16
どっちもどっち過ぎて割れ鍋に綴じ蓋じゃないか。
Posted by at 2017年06月21日 16:21

スポンサーリンク


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: (※URLは記入できません)