スポンサーリンク


2017年06月05日

百年の恋6-601 絵の具ソムリエの彼女

百年の恋も冷めた瞬間 Open 6年目
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1487517482/


601 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2017/06/05(月)18:50:11 ID:VSf
どっちかと言うと理不尽冷めかも、特に理由はないけれどふと思い出したので
高校生のとき、同じクラスの人と付き合っていた
優しくて今思い出しても良い人だったと思う

2年の美術の授業のときだったかな?
絵を描いていたら急に後ろがざわつきはじめた
なんだろう?と思って振り向くと、絵の具を舐めている彼氏をバッチリ見てしまった
A色は酸味があるとかB色は他に比べて苦いとか言って、利き酒ならぬ利き絵の具も完璧にこなしていたようだ
(私は見ていないけど2〜3種類なら混ぜても当ててたらしい)

これだけでもキツかったけど1番堪えたのが数日後、後輩が急にやってきて「あの絵の具ソムリエの彼女ですか?」と聞かれたときだった
自称しているのか勝手に付けられたあだ名だったのかは知らないけど、これからも「絵の具ソムリエの彼女」と呼ばれ続けるんだと思ったらもう無理だった

また付き合いたいと何度も言われ、担任教師や部活動の顧問にも色々言われたこともあったけど、「絵の具ソムリエ」が頭を掠めてよりを戻すことは無かったな




スポンサーリンク


602 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2017/06/05(月)19:05:30 ID:lfZ
>>601
絵の具ソムリエの彼女て。
面白すぎる、絵の具ソムリエ本人よりインパクトある。
思春期にはつらいな!


603 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2017/06/05(月)19:49:11 ID:aTl
>>602
今ならそんな風に言われてたこともあったなーくらいだけど、別れた後もしばらくは「絵の具ソムリエの彼女」と言われ続けられたのは思ってた以上に辛かったです

まあしばらくしたら言われなくなったので「絵の具ソムリエの元カノ」とか新たに呼ばれなかっただけマシだと思うようにしてます

posted by 管理人 at 23:08 | Comment(8) | 百年の恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えー、それって色によっては人体に相当有害な物質入っててもおかしくなくない?
つか、元彼にとってもその絵の具舐め舐めソムリエは今や物凄い黒歴史になってる予感…
Posted by at 2017年06月06日 01:29
生徒の色恋にまで口を出してくる教師が少なくとも2人もいる学校って…
Posted by at 2017年06月06日 07:11
黄色はカドミウムっていうよね。
Posted by at 2017年06月06日 08:22
うわぁ腎機能障害起こしそう。
Posted by at 2017年06月06日 08:38
昔話か何かであったよね、大木の和尚さんだったかな?
呼び名が気に入らなくて大木を切ったら切り株の和尚さんと呼ばれて、と延々絡めて呼ばれてたやつ。
あれみたいにならなくて良かったこと。
Posted by at 2017年06月06日 12:12
理不尽ワロス
Posted by at 2017年06月06日 16:16
異食症かな?
Posted by at 2017年06月06日 23:06
盲目の画家が絵の具の味で色を判断するっていうのテレビでやってたな
Posted by at 2017年09月05日 21:23

スポンサーリンク


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: (※URLは記入できません)