スポンサーリンク


2017年02月16日

4-230 父親がいなくて、すっごく貧乏な友達がいた

その後いかがですか?4
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1478422746/


230 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2017/02/16(木)11:44:41 ID:3dp
父親がいなくて、すっごく貧乏な友達がいた
父親がいない理由は下り坂で無謀な運転した大学生に激突されて頭を打ち死んでしまったから
俺と友達が保育園の頃で、俺も友達も死を理解できずにお葬式でポカンとしたり、暇になると外で遊んだり、友達の父親に遊んでもらおうと起こしに行って怒られたりした
それくらい俺たちは幼かった
友達は祖父母と同居で、園へのお迎えは母から祖母にかわり、母と祖父は働きに行ってた
親同士が仲良くて、祖母にかわるまでは一緒に帰ってたからよく覚えてる



スポンサーリンク


でもすぐに祖母に末期ガンが見つかった
そこからの記憶は飛び飛びで曖昧だけど、小学生になる頃には友達はボロボロの身なりになってた
ランドセルも六年生から貰ったお下がりで服はダボダボの破けたものとかを着ていた
俺の方が大きかったら俺の服もあげられたんだけど、友達は4月生まれで俺が3月生まれだから無理だった
貧乏ってことで友達はずっとイジメられてた
中学生の制服もやっぱりお古で、俺達の小学校が6クラスあり、その殆どが流れ込んだ中学校だったから、やっぱりいじめられた
俺は9年間クラスが違って、ほとんど何もしてやれなかった
その頃には祖父が認知症になったらしくて、中卒で働こうか考えるくらい追い込まれてた
高校からはライフスタイルがガラリと変わってあまり会わなくなってしまった
時々見かける友達と母親はボロ雑巾のようだった
たまに時間をとって俺の奢りで食事に行った

大学の友人たちを家に招いてレポートをしていたとき、偶然友達が訪ねてきた
「仕事のために被災地にいく、死んでも構わないと思ってる」と別れを告げに来た
俺には気安く止めることもできず、まだ時間があるからと大学の友人に断って家に上がってもらった
友達は常時憂鬱な面持ちで、普段チャラくて誰にでも絡む大学の友人らもその雰囲気に飲まれてた
一人が「なんでそんな若くして被災地に?」と聞いたら、友達は「親父を殺した奴を見てしまった」とつぶやいた
不幸なことに、当時友達の親父を殺した大学生は地元に戻ってきてたところに立ち会ってしまったそうだ
それも妻子を携えて外車に乗って、友達が声をかけても誰かすら気づかなかった
事故の後一度あったきり謝罪にも来なかったから記憶違いかとも思ったが、下の名前を呼んで答えたから間違いないと言っていた
子供は中学の制服を着ていたらしい
「親父が死んでからまだ17年だ
あいつは事故のあと数年で結婚して妻子をもうけたんだ
顔を見るまではなんとも思わなかった
でも顔を見たらおしまいだ、あいつを殺したくて仕方ない
だから被災地に行く、俺が死んでも構わない」 
そんなことを友達が語った

すると藪から棒に大学の友人が目の色を変えて宇宙語を語りだした
「責任転嫁は意味がない、相手は償って徳を積んで許されたから妻と子がいる
あなたは人を恨んで罪を重ねてるから幸せになれない!あなたの不幸はあなたの責任
親が宗教をさせないからこうなった、親の責任を他人に責任転嫁してはいけない」
いきなりの勧誘活動にその場の全員が固まった
連発される宗教単語に一瞬頭がフリーズしたが、すぐに他のメンバーによって止められた
友達はその間に帰した
最悪の別れ方だった
それ以降友達と連絡はとれていないが、宗教狂いの元友人が友達と繋いでくれ、家を教えてくれ、私が救ってあげる!
としばらく家に粘着してきて警察沙汰になった

231 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2017/02/16(木)11:45:13 ID:3dp
ごめん、一個ずれてスレ開いてた

タグ:友達 胸糞 宗教
posted by 管理人 at 23:26 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
予想もしてなかった展開!
Posted by at 2017年02月17日 14:37
最後が胸糞過ぎる。
これ胸糞注意でいいんじゃね?
Posted by at 2017年02月17日 17:02

スポンサーリンク


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: (※URLは記入できません)