スポンサーリンク


2020年10月18日

百年の恋10-360 「〇〇は腕時計持ってないから(断言)」ってくれた

百年の恋も冷めた瞬間 Open 10年目
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1594041424/


360 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:20/10/18(日)01:58:28 ID:Xf.bf.L1
経験値不足で一生懸命考えたけど失敗したってパターンってどのくらい存在するんだろうね
経験のほとんどが「サプライズしてる【俺】」が好きだったり、【俺への愛情】試験な気がする
私の引きが悪いだけ?

腕時計繋がりだけど、
元カレが誕生日に腕時計くれた
「〇〇は腕時計持ってないから(断言)」ってくれた
某猫とかではなくちゃんといたやつだったけど、添えられた言葉が完全に見下してた
腕時計持ってない大人っている?いや、居るのかもしれないけど持ってないより着けない理由がある人の方が多いと思う

続きを読む
タグ:百年の恋
posted by 管理人 at 03:15 | Comment(1) | 百年の恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

百年の恋10-356 「着物で使えるキャラクターの腕時計を欲しがってる」と解釈する思考回路

百年の恋も冷めた瞬間 Open 10年目
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1594041424/


356 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:20/10/17(土)14:34:10 ID:V4.af.L1
プレゼント関係の冷め話でわたしもひとつ
他の人たちと比べたらだいぶパンチは弱いけど

昔付き合ってた8歳上の相手から初めて貰った高価なプレゼントが、某猫のキャラクターがあしらわれた、ウン万するけど中学生が着けててもギリなデザインの腕時計だった
しかも「私ちゃん着物着るから着物に合わせられるやつにしたんだよ」とドヤ顔で渡された
デザインの時点でだいぶ引いたけど、ファッション関係の仕事しときながら選んだのがそれだったことも、「着物に腕時計」と言い出したのも合わせ技できつかった
続きを読む
posted by 管理人 at 03:13 | Comment(1) | 百年の恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

百年の恋10-352 彼氏とプレゼント感が合わなさ過ぎた

百年の恋も冷めた瞬間 Open 10年目
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1594041424/


352 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/10/17(土)11:28:14 ID:Zs.gh.L1
前出のエピソードたちに比べたら全然弱いけど、私も一つ思い出した。プレゼント関連の冷め話。

アラサーの頃に付き合ってた彼氏とプレゼント感が合わなさ過ぎた。

付き合って最初のイベント:クリスマスにプレゼント交換をしようってなったんだけど、彼が頑なに、贈る品目をお互い内緒にして、当日中身が判明する形式のプレゼント交換を推してきた。
私は反対だった。そりゃあ1000円くらいのプレゼントだったら多少趣味じゃないものを貰っても笑えるけど、予算10000円でそれはきつい。
そう主張したんだが、向こうは頑なに自分の主張を曲げなかった。
だからと言って、私も自分の主張を曲げる気にはなれない。何か欲しいものはないか、折に触れて彼氏相手に聞き取り調査を繰り返した。

結論として、彼氏の欲しいものは聞き出せなかった。

続きを読む
タグ:百年の恋
posted by 管理人 at 03:09 | Comment(3) | 百年の恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何を書いても96-327 なんで、あの頃の姉は、そんなに暴力的だったのか

(暴力注意)


何を書いても構いませんので@生活板96
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1602321839/


327 名前:sage[sage] 投稿日:20/10/17(土)20:40:14 ID:Wm.of.L1
先日、実家で法事をやったんだけども、その後の食事会で「長女さんとと俺くんは本当に仲が良いわねえ」って話題になった。
今でこそ、姉も俺も落ち着いて親戚付き合いしてるけど、姉が高校生で、俺が中学生の頃は最悪だったんだ。
姉は女だてらに近所のボスみたいな立場で、小学生から空手をやってたのもあって、本当に野蛮だった。対する俺は読書や音楽が大好きなインドア小僧。
続きを読む
タグ:家族 暴力 喧嘩
posted by 管理人 at 03:06 | Comment(2) | 何を書いても | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愚痴130-6 料理の先生になるライセンス

スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part130
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1602846821/


6 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:20/10/17(土)11:28:44 ID:2K.xg.L3
妻が料理の先生になるライセンスを取りたいのでその費用を出してほしいと言っている。
いくらかかるのか聞いたら35万ぐらいと言うんだが、その内訳とか聞いても嫁自身よくわかってない様子だ。
妻は3ヶ月ぐらい前から料理教室に通っていて、そこの先生になりたいらしい。
俺と妻は7歳年齢差があって、妻は内定が取れなかったことから大学を出てすぐ結婚した。
働いた経験がないせいか、それが妻のコンプレックスみたいになってて
ライセンスを取得することによって、そこで働かせて貰うことを夢見てるようだ。
続きを読む
タグ:愚痴 夫婦
posted by 管理人 at 03:03 | Comment(1) | 愚痴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

衝撃的27-645 自分のケチが生まれつきの性分由来ではなかったこと

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その27
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1592390561/


645 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/10/18(日)02:14:10 ID:DV.dw.L1
自分のケチが生まれつきの性分由来ではなかったこと。
私は本当に昔からドケチで、学生時代に親や親族から小遣い・お年玉をもらったことはなかったものの、バイトをしてたしすごくお金に困ってる訳ではなかったのに、お金を使うのが苦痛で堪らなかった。
それは社会人になってお金をしっかり稼いで貯金が出来ても変わらなかった。特に他人のためにお金を払うのが嫌で、仲間内のプレゼントや付き合いとかで誰かのためにお金を使う場面では、すごく悔しい気持ちでいっぱいだった。
続きを読む
posted by 管理人 at 02:56 | Comment(1) | 衝撃的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

衝撃的27-635 知人が身寄りのない女性と交際し結婚した

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その27
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1592390561/


635 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/10/17(土)13:24:09 ID:i4.xb.L1
知人が身寄りのない女性と交際し結婚した。
知人はごく平凡な男で、顔も性格もふつー。とびきり善人でも悪人でもない一般的社会人。
悪事といえばうっかりスピード違反とかその程度の奴だった。
むしろ周囲は身寄りのない女性の方を「金目当てじゃないか」と警戒してた。
この21世紀で「身寄りがない」とかいかにも同情買うための嘘っぽくて詐欺ぽかったし。
でも知人は「彼女はそんな子じゃない」と言い張って結婚した。
続きを読む
posted by 管理人 at 02:54 | Comment(3) | 衝撃的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

修羅場28-621 おばあちゃんがコーヒーに大量の砂糖を入れるのが見えてしまった

今までにあった修羅場を語れ【その28】
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1587729907/


621 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:20/10/17(土)16:28:56 ID:wo.bj.L1
小学4年生の頃、3、4人で友達の家に行った。
その子の家に遊びに行くのはみんな初めてだったと思う。
おばあちゃんがコーヒーを作ってくれたのだが客間から見える台所でおばあちゃんがコーヒーに大量の砂糖を入れるのが見えてしまった。
(角砂糖やスティック砂糖ではなく料理に使うような砂糖をレンゲを使って何杯も入れていた)
「え?砂糖そんなに入れるの?」と心配したがとりあえず飲んでみたところ異常に甘い。
その家の友達はコーヒーが苦手だそうでその子の飲み物だけ麦茶だった。
私は家ではコーヒーに砂糖とミルクをたっぷり入れて飲んでいたが、甘さはその比じゃなかった。
全員、そのコーヒーを飲むことができずにコーヒーを残した。
友達の中にはコーヒーそのものが苦手な子やコーヒーを初めて飲む子もいたかもしれない。

続きを読む
posted by 管理人 at 02:50 | Comment(2) | 修羅場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク