スポンサーリンク


2016年11月29日

武勇伝1-908 通路をミニ四駆バリに猛ダッシュしてるちびっこが5人

スカッとした武勇伝inOPEN
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1395389413/


908 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2016/11/28(月)21:52:16 ID:4bh
武勇伝関係で多分似たような話があると思ったが、まさか自分がと思ったので書き捨て

ついさっき仕事帰りに久々にファミレスにでもと夕食しに行った
フロアのバイトだろう若い子が顔をしかめながらその子らを避けてた
見てるこっちもイラつきながら待ってると、名前を呼ばれて案内された
想像の通り、通路をミニ四駆バリに猛ダッシュしてるちびっこが5人いたわけさ
で、内心やらかすだろうなーと思ってたら配膳の台車に突っ込んだ
店中に響き渡る鉄板が床に落ちる音と、子どものギャン泣き声。そこに見るからにDQNな女が駆け寄ってきて
「あんたなにしてくれてんだよ!K察!QQ車!」とがなり立てた
続きを読む
posted by 管理人 at 01:19 | Comment(6) | 武勇伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

衝撃的16-92 こんなことを半年ぐらい繰り返した頃に、俺は担当教授に呼び出された

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その16
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1479573322/


92 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2016/11/28(月)16:27:10 ID:ltY
みんなは上手く生き延びろよ。
この世の中はいつの間にか随分と生き辛い場所になっていたらしい。
俺はもうダメだ。
俺はほんの一年前まで大学生だった。
無事に卒業した訳じゃない。中退した。

続きを読む
posted by 管理人 at 01:15 | Comment(9) | 衝撃的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

衝撃的16-91 独身の時動けないくらいの物凄い腹痛と熱で救急車呼んだ

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その16
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1479573322/


91 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/11/28(月)12:46:52 ID:ajT
昔の話だけど、独身の時動けないくらいの物凄い腹痛と熱で救急車呼んだ。
119して住所伝えて我に帰った。
部屋ものっ凄く汚い。
何週間も放置したゴミからコバエが飛んでて、歩く場所も無いレベル。
続きを読む
タグ:衝撃的 病院
posted by 管理人 at 01:12 | Comment(4) | 衝撃的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

衝撃的16-90 母がぶつぶつと燃えろ燃えろと祈っていたこと

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その16
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1479573322/


90 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2016/11/28(月)12:26:18 ID:trv
中学生の時の隣の家の火事でうちに延焼。
その時に母がぶつぶつと燃えろ燃えろと祈っていたこと。
大人になって知ったけど全焼した方が保険金が多くもらえるらしい。
当時は母の気が狂ったと思ってしばらく怯えていた。
続きを読む
posted by 管理人 at 01:09 | Comment(4) | 衝撃的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

修羅場8-717 吹雪の日の部活の帰りに父の運転する車に乗っていたら後ろからトラックにぶつけられた

(流血注意)


今までにあった最大の修羅場を語るスレ8
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1470819103/


717 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2016/11/28(月)23:58:33 ID:gwV
高校生の頃、とある吹雪の日の部活の帰りに父の運転する車に乗っていたら後ろからトラックにぶつけられた話。
その日は午前中まで晴れていたけど昼ぐらいから雪が振り、1メートル先がかろうじて見える程度の猛吹雪でかなりやばい状況だった。
自分は事故の瞬間まで寝ていたこと、猛吹雪だったので既に覚悟を決めていたこと、何より事故の衝撃が全然大したことなかった
(除雪された雪がクッションになっていた)もあってまったく焦りはしなかった。
「やられちゃったねー」と寝起きの間抜け声で父に話しかけるも反応がなく、その時は少し焦って父の顔を覗き込むけど怪我は無い。
新車にぶつけられてショックなんだろうと勝手に納得してしまった(寝起き10秒ほどなので頭がボケてた)
6分程経ってからトラックの運転手が血相変えてやってきて、その時改めて父を見てみると死角になっている頭の右側から
たらーっと流血していることに気がついた。
続きを読む
タグ:修羅場 家族
posted by 管理人 at 01:07 | Comment(7) | 修羅場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク